Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・盗塁阻止における捕手の肩の重要度

久々の更新。

前回の記事で、「盗塁阻止において捕手の肩の強さは思ったほど重要じゃない」という趣旨のMLBのリサーチを紹介しました。

それに関して、別の誰かの追試を見てみたいということを書いていたのですが、驚くことにNPBのデータで研究を行った結果が発表されていたのでここに紹介しておきたいと思います。こちらの記事自体2ヶ月ほど前のもので、既にご存じの方も多いかとは思いますが。


盗塁阻止を構成する要素に関する研究


詳しくはリンク先を見ていただくとしてここでは細かいことは説明しませんが結論としては

(1)捕手が使う時間よりも投手が使う時間のほうが盗塁阻止率との関連が強い。
(2)投手が使う時間ではリリースまでの速さが重要で、投球(放たれたボール)の速さはほとんど関係ない。

といったあたりについてはMLBと共通の様子でありつつ、捕手の絶対的な影響度の強さはMLBよりもかなり大きく出ているようです。
正直なところ、前回紹介したMLBの記事では捕手が消費した時間と盗塁阻止率との相関があまりにも低く(サンプルサイズの関係?)不自然だと感じていたので、感覚としてはNPBのリサーチのほうが納得しやすいと個人的には思っております。もちろん、どちらの出している数字が(絶対的に)正しいかという問題ではなく、数字は立体的に解釈する必要があるかと思います。

日米の比較に限らない話ですが、このように分析が広がっていくのを見るのは面白いですね。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/562-eabff0eb

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。