Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【告知】『デルタ・ベースボール・リポート1』

毎年発行されていて当方も執筆に参加しているセイバーメトリクスのリポートが今年も(時期はズレましたが)出ます。

タイトルはこれまでの『セイバーメトリクス・リポート』から『デルタ・ベースボール・リポート』に変わっておりますが、同じシリーズの最新作です。

プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボール・リポート1(Amazon)


内容紹介
「トラッキング技術の普及、打順にまつわる常識の転換、フライを打つことに対する評価の高まり……今、日本のプロ野球が加速度的な変化を始めている。野球の数理的な分析の球団運営への活用を先導してきたセイバーメトリクス(Sabermetrics)は、様々なテクノロジーと融合し次のステージへ向かう。この変革をリードする研究家たちの分析リポートを10本収録」




基本的な構成としてはこれまでと同じように各著者による分析リポート集という感じです。今日が発売日で先ほど手元に届いたところですのでじっくり読むのはまだこれからですが、現状目を通した冒頭のキーワード解説は他で読めそうで読めない「かゆいところに手が届く」内容が書かれていてよいです。

私は「指標の有用性をどう考えるか」という論考を書きました。数字を使った分析ではなく指標の解釈の仕方について考えてみるという読み物系の記事になっております。

セイバーメトリクスの世界にはものすごくたくさん指標がありますが、どの指標が使える指標なのか、それをどういった観点で整理するかというのは意外に難しい問題です。例えば「WARも完璧な指標ではないのにWARで議論をしていいのか」「OPSが打率よりも得点との相関が強いというがそれなら打点のほうが強い」「UZRは年度間相関が弱いから守備力を表していない」といった指摘に対してどう応えるか、議論をどう整理するか。その辺についての私見を述べました。

はじめに一般的な話をした上で記事の後半では特に「得点との相関が高いほど優れた指標であるという誤解」「年度間相関が高いほど優れた指標であるという誤解」「計算式がシンプルなほど現実に即していて優れた指標であるという誤解」という見出しでそれぞれの問題について議論しています。

その他の皆様のリポートも大変面白そうなので、これから読んでいこうと思います。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/565-1a8667ce

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。