Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無死一塁からのバントによる勝利確率の変動

短期決戦の時期になるとバントの話がよく出ます。

セイバーメトリクスの見地からバントについては色々言われていますが、今回は勝利確率というツールを使ったグラフをひとつの参考資料として出してみたいと思います。


犠打による勝利確率変動グラフ


上記のグラフは、結論から言うと「無死一塁からバントを成功させて一死二塁になることが後攻チームの勝利の見込み(確率)をどれだけ高めるか」を点差・イニング別に表したものです。

Baseball Prospectusが発行している書籍『Baseball Between the Numbers』より、James Clickの「When Is One Run Worth More Than Two?」という論文のグラフが見やすく面白いものだと思ったので描き方は同論文を参考にしています。

もっとも同論文のグラフをそのまま載せるのでは面白くありませんので、FanGraphsが提供している「WPA Inquirer」という勝利確率を計算するツールを使って低い得点環境の数字を出してみました。

バントについては得点の見込みが低いときに用いられる戦術であり平均的な得点見込みでの計算は意味がないと論じられることが多いため、平均得点を3.0というWPA Inquirerで設定できる最も少ない値にしています。平均得点3.0というと攻撃力としてはリプレイスメント・レベルかそれ以下という感じで、2017年の規定打席到達者でいうとRC27が3.0を下回るのは巨人の小林誠司(OPS.542)のみです。

また得点の期待値を増やすか1点だけとる確率を増やすべきかという問題もありますが、これに関してははじめから勝利確率を対象とすれば基本的には悩む必要はなくなるかと思います。なお、勝利確率というのは特定のイニング・点差・アウトカウント・走者状況においてそこからチームが勝利する確率がどれだけあるかを示す数理統計的な数字です。

さて、肝心のグラフの中身ですが、縦軸がバント成功前後での勝利確率の差分を表しています。縦軸の真ん中を0にしてありますが、0より上の部分にデータがありませんので、今回の計算の前提では全てのケースでバントは勝利の見込みを減らすということになりました。もちろんJames Clickの原論文も同じ結果です。

横軸はイニングで、3本の線はそれぞれ青が後攻チーム1点リードの場合、赤が同点の場合、緑が1点ビハインドの場合を表しています(9回裏1点リードはチームが既に勝利している状態ですので当然データは存在しません)。

イニングや点差別の傾向を見ると、特に負けているときの終盤はバントによる損失が大きくなることがわかります。アウトを消費せずに出塁して得点を巻き返す必要があるのにバントでアウトカウントを増やすのは自ら「終わり」を近づけてしまうようなイメージでしょうか(James Clickは、1点負けているチームが1点をとる野球をするのはいいが犠打はそのために有効な手段ではないと論じています)。

もちろんこれは単に無死一塁から一死二塁への状況の変化が勝利確率をどう変化させるかという計算結果を示しただけですから、バントを企図して失敗したらどうなるのか、あるいは逆に守備側が焦って失策することを考えたら、といった点まで含めてバントという戦術を総合的に検討するものではありません。

今回の記事はアレコレ論じるというよりはひとつのデータを見てみようという趣旨のものです。そのような前提で、勝利確率はひとつの参照点としては有用で面白いのではないかと個人的には思っております。



【お知らせ】
『デルタ・ベースボール・リポート1』発売中です。

目次

■セイバーメトリクス・キーワード解説
01 勝利と得失点
02 得点期待値
03 得点価値
04 攻撃を評価する指標
05 率・量・差
06 Batted Ball
07 投球を評価する指標
08 年度間相関
09 守備を評価する指標
10 UZRへのステップ
11 貢献の勝利換算
12 Plate Discipline
13 ハングタイム
14 1950~1970年代のNPB
15 1980~2010年代のNPB
16 セイバーメトリクス発展史

■REPORT
〈SABERMETRICS〉
状況に応じた打撃はどこまで可能か(市川 博久)
野手のタッチ技術―タギング試論(大南 淳)
WBCを通じたNPBと他国の投球傾向の比較(水島 仁)
指標の有用性をどう考えるか(蛭川 皓平)
千賀滉大・則本昂大両投手の三振に見る配球の文脈(Student)
守備範囲評価の複数年化(岡田 友輔)

〈ADVANCE〉
ボールの回転スピードだけでは球質を正しく評価できない(神事 努)
三次元的に配球を検証する(神原 謙悟)

〈HISTORICAL〉
「落合中日」の研究(竹下 弘道)
プロ野球移籍市場を探る(高多 薪吾)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://bbalone.blog119.fc2.com/tb.php/567-d6e4bf79

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。