Baseball Concrete Blog

主にプロ野球について、セイバーメトリクス的な考えを交えながら好きなことを書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

球界のセイバーメトリクス導入

プロスポーツのデータ集計を行っているデータスタジアム社のGMのブログより。
ウィンターミーティングの様子についてです。


とにかくどこのチームも例外なくデータの重要性についてかなり言及していた。

例えばCubsで30年のスカウト歴を誇るかなり年配のスペシャリストでさえ、最新のテクノロジーの優位性とデータ分析を既に自分の武器として身に付けていた。選手編成にセイバーメトリクスを活用しているチームもいくつか見受けられた。


こういった会話は我々データを扱う会社だから出てきた話では無いように思う。おそらく普通に選手のトレードやその他の話をしていても頻繁に出てくる話なのだと思う。

その証拠に日本から来ていた球団幹部がこの分野での日米の差について非常に危機感を感じておられたのが印象的だった。


http://ameblo.jp/1500031/entry-10059384218.html




やはりこういう感じになっているようです。
米国ではセイバーメトリクスの導入などが日本より進んでいて、その事実に気付くと焦りだす。
日本でも最近では「あそこのチームの関係者はマネー・ボールを読んでいるらしい」というような噂が流れたりもするようになりました。
まぁ、当然の流れなんでしょうね。
例えばヤクルトはかつての古田監督が「打者は出塁率と長打率を重視する」と言っていましたし
ガイエルのように打率は悪くともOPSで優れた外国人を発掘してきています(まぁチーム的には四球の数は多くないんですけど)。
各チームにも徐々に出塁率の重要性などが浸透してくるでしょう。

向こうではベテランのスカウトマンまでもがデータ分析を導入しているというから感心。
「俺の勘に任せとけや」になってしまいそうな気もしますが、柔軟なんですね。
例えばフォームの良さや将来性を見極めるスカウト能力に関しては否定する必要はありませんが
データも加えればより客観的に、確実にスカウティングを行うことができるようになるのは明白です。
マネー・ボール的な考え方、導入すればいいのになと思う球団ありますよね…

 | HOME | 

プロフィール

管理者:クロスケ

野球全般好きで、プロ野球をよく見ますが特定の球団のファンではありません。
セイバーメトリクス(野球の統計的分析)の話題が多く、馴染みのない方にはわかりにくい内容があるかもしれませんがサイトに体系的にまとめています。

Baseball Concrete



RSSフィード

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。